ホーム » 麻雀を大阪で » 大阪の雀荘でマナーの取ろう

大阪の雀荘でマナーの取ろう

最近その後ついにばくちを打たない麻雀まで(へ)

あちらはこちら(側)で打つことができるようになります

しかしそこにまずまず良い麻雀が店を打つことができると思っています

少しの事も事実です。

メンツのこのような事なのもどのように現実です。

私のよく行くあるに比率の麻雀のメンバーの事がありません

「骨達」は昼間からとの人々は命中します

使用時間妨害のいくつのものもありません

夕方、またもし夫妻でご光臨賜るならば

奥さんに一生懸命に麻雀の主人に教えています

ちょうど後で奥さんを指導されます

再び時には自ら後見してそれによってしていることを打ちます

そのようなは折り畳んで、とその主人のこの卓の作成する機

会のがとてもびっくりするのが( ̄◇ ̄;手牌の)使う鮮明です

第2が休みが⑦ポンを終えてつけることをいっぱいするため回転する上から時

打つのはtsu静かに先生がようなことと同じ麻雀ではありませんか

その第1の印象

上を返して(が無限です。-_-。)

麻雀 京都

おすすめ記事

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。